自家用車の引っ越しと手続きの代行業者

0

    引っ越しで自宅にある物の荷造り作業にばかり目がいってしまいがちですが、マイカーをお持ちの人はその車を新居へと移動しなければいけないという作業が残っています
    自分で運転することができればもちろん費用がかからないわけですが、引っ越しの前後はスケジュール的にも立て込んでいることも多く、引っ越し先に向かって走行することは長距離の場合に事故を招く可能性もありますし、新居ですから知らない道を走行することにもなりますから何かしらのトラブルを招く可能性が高くなってきます
    せっかくこれから気持ちよく新生活を迎えようとしているときに、そのようなトラブルに巻き込まれてしまっては幸先悪いですから、決して無理をせずに、業者さんにお願いすることが賢明であると言えるでしょう

    引っ越し業者によってはトラックで荷物と一緒に輸送できるタイプのものもありますが、ほとんどの業者では荷物と車は別の場合であることがほとんどです


    車を専門に扱う輸送業者もありますし、街にある便利屋さんがそういった引っ越し時の運転代行サービスを提供していることもあり、同時に便利屋さんが格安で引っ越しサービスも行っていることもあります

    輸送方法は近場であれば業者さんが直接、車へ乗って代行運転を行うケースや、運ぶ車を積載車に乗せて輸送するケース、海を渡る船で輸送するケースもあります
    料金体系はだいたい輸送する距離によって加算されていることが多いです

     

    その際には輸送の前後でしっかりとキズや凹みなどがないか、きちんと確認を行っておくことによって事前にトラブルを防ぐことができます
    後々、輸送の際に見たことのないキズや凹みがあった場合、自信をもって発言・証明することができますから、前後に業者の方にきちんと立ち会ってもらった上で状態をチェックします
    業者によってはそれらのチェックをチェックシートの項目に沿ってきちんと確認している業者もあります

     

    引っ越しの際に大きな荷物となってしまう自家用車
    実は一番取扱いが難しい荷物かもしれませんし、サイズも大きいですからなかなか簡単に運ぶということができないものです

     

    また、引っ越しに付随して車関係の手続きといえば、運転免許の住所変更がありますので、新しい住所のほうの警察署か免許センターへいって手続きをしましょう
    その際には自分の免許証と新住所が確認できる住民表などの公的な書類を持参して手続きをします
    他に車庫証明を警察署で、自動車検査証(車検証)も新住所に変更する必要があり、管轄の陸運局が以前の住んでいた場所のと変更となる場合には車のナンバープレートも代わりますので、陸運局に車を持ち込まなければいけません
    引っ越しに伴ってこれらの変更手続きも必要となってきますが、これらを代行して行ってくれる業者さんもありますので、平日に手続きしなければいけないこららの作業が面倒という人は、代行業者にお願いするのもいいかもしれません
    ディーラーさんや代行の専門業者が引き受けてくれます


    引っ越しのインターネット手続きは代行業者への依頼が楽でお得

    0

      引っ越しには様々な手続きが必要となりますが、役所での手続きから、電気・水道・ガスなどのライフライン関係と並んで、大事なのがインターネットの手続きです

       

      インターネットでの引っ越し手続きとは言っても、単純に住所変更の依頼をするだけではない問題にも直面します
      これから住もうとしている引越先の物件によっては、今まで何も問題なく契約していたお気に入りのプロバイダの回線であってもプランが違って料金が代わってしまったり、またはそもそも同じ回線を引越し先では契約できない、使えないということもあります
      引越先の物件やエリアによってもことなりますが、特に注意しなければいけない可能性が高いのが集合住宅への引っ越しです


      集合住宅の場合、新たに引っ越しをする際に入居者が希望した回線を新規で導入しようとすれば、物理的にインターネット回線のケーブルを外から室内まで壁に穴を開けたりしながら引っ張ってきて、ケーブルを部屋へ張り巡らせる必要があります
      頻繁に入居者が変わるような物件では引っ越しの度にそのような工事を行う必要がありますから、そもそも集合住宅のほとんどはそのような事がないよう、既にその物件の建物に対して内部でインターネットケーブルを張り巡らせる工事を行っていることがほとんどで、入居者がインターネット契約するさいにはその予め物件に導入されている回線に関連したインターネット業者としか契約ができないことがほとんどです


      また、集合住宅の場合は特別料金を採用しているインターネット業者も多いため、その引っ越し先の物件自体がどのようなプランには対応していて、いくらなのかというのも変わってきます

      いま契約しているインターネットがどこで、どのプロバイダや回線業者に連絡をすればいいのかわからないということもあるでしょうし、
      引っ越し先では何の回線が引けて、値段とサービスはどのようになるのか、これからの家庭状況において最善のプランは何かといったお悩みを抱える方も多いです

      そのような方たちの味方になってくれる、引っ越し時のインターネット手続き代行業者が存在します
      そういった業者へお願いすれば手続きを代行してくれたり、引っ越し先の物件環境とご家庭の使用状況をふまえて最良のプランを提案してくれたり、解約時や新規契約でかかる手数料などを全て負担してくれたり、申し込みをすればキャッシュバックをうけられるキャンペーンがあったりもします
      インターネットの手続きがわからない、面倒という方はそういった代行業者へぜひ相談してみてください


      引っ越しのご挨拶を代行してくれる業者もある

      0
        引っ越し前後での挨拶はしたほうがいいのでしょうか?

        最近ではマンションやアパートなどの集合住宅に住んでいて、近隣の住民がどのような人なのか、廊下でたまにすれ違ったり、エレベーターでたまたま一緒に鉢合わせたことがあるだけ、という人もいらっしゃいますでしょうし、そもそも全く面識がないということすら多いようです

        確かに賃貸住宅となれば入れ替わりも多いでしょうし、都市部などであればそこまで深くご近所づきあいが根付いていない慣習であることも多く、実際にどのような人が住んでいようが、挨拶をしなくても生活をしていく上で特に大きな問題はないわけです
        しかしながら、挨拶とは人間と人間のコミュニケーションの上で大前提にあるものです
        顔見知り程度の人であってもまずは挨拶からコミュニケーションが始まり、何度か挨拶をしているうちに打ち解け、徐々に日常会話が始まったりすのものですが、そのころにはお互いに少なからず仲間意識ができているはずです
        ご近所づきあいで仲良くしておくことによってメリットは多く、まず何かしらのトラブルの際にお互いが助け合うことができたり、万が一ご近所さんにこちらの過失でご迷惑を掛けてしまったときであっても赤の他人よりは仲良くしていたり、挨拶が済んでいれば多少は融通がきくことができるはずです
        引っ越しの前後では挨拶をしておくべきです
        退去する物件と引っ越し先の物件、それぞれの両隣と、一軒家であればお向かいさん、集合住宅であれば真下と真上の階の方にも挨拶をしておくとよいでしょう

        どうしても搬入・搬出の際にドタバタと音を立ててしまうでしょうし、入り口や通路などをふさいで引っ越し業者さんが出入りしたり、入り口の前に大きなトラックを停める必要がありますから、近隣住民の方々にとっては何かしらの影響がでてくるはずです
        ご挨拶のタイミングとしてはできれば前日までに、それが難しければ作業の直前でもいいでしょう
        ご挨拶の際にお伝えするのは引っ越し作業を行うのでご迷惑をお掛けしてしまうという点と、退去する物件のほうでは今までお世話になった感謝の気持ちを、新居のほうではこれからお世話になりますという気持ちも沿えるのもおすすめです
        最近では、引っ越し業者が依頼者の家族に代わってご近所を周るというサービスがプランの中に含まれているところもあるようです
        粗品をもってご近所の方々のご自宅へと周り、一言挨拶を代わりにしてくれるのです
        引っ越しの前後は依頼者である家族の方も皆さんバタバタしているでしょうから、このようなサービスはとてもありがたいですよね
        引っ越しの業者さんは全国に数多くあり、専門業者から、代行業、便利屋など様々な業態が様々なプランで提供していますが、
        こういった融通がきく業者さんかどうかも、業者選びのポイントの1つかもしれません